1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【活動報告】2020年1~2月

【活動報告】2020年1~2月

2020年1月~2月は、以下の通り、活動しました。

ワークショップの主催

2020年1月26日(日)鹿児島県鹿屋市にて、「発達が気になる子が輝く柔道&スポーツの指導法」ワークショップを開催、47名の指導者や保護者などが参加、

2020年2月16日(日)、北海道当麻町にて、「発達が気になる子が輝く柔道&スポーツの指導法」ワークショップを開催、27名の指導者や保護者などが参加

2020年2月23日(日)、三重県鈴鹿市にて、「発達が気になる子が輝く柔道&スポーツの指導法」ワークショップを開催、41名の指導者や保護者などが参加

ご参加者の関心が高く、子ども達への指導に情熱あふれているため、各地での話し合いは大変な盛り上がりを見せました。

講演会の主催

2020年2月9日(日)、東京都神田にて、テレ朝「世界の村で発見!こんなところに日本人」に出演された、ネパールの孤児院の柔道教室を支える古屋祐輔先生の講演「柔道は人を救う!私がネパールの孤児院の柔道教室を支える理由」を開催、ほかゲストにネパールの青年海外協力隊員の山田美咲先生、ネパールに道場を設立した庄司大輝先生、ネパールなど世界を旅した健康革命家の山口敬志先生からもお話をいただき、大変有意義な会となりました。なお、本講演会はオンラインでも開催し、遠方からのオンライン参加がありました。

イベント登壇

2020年1月11日(土)、東京・お茶の水大学附属小学校にて、未来の体育共創サミット2020が開催、二つの分科会(①発達障害と体育、②スポーツ国際交流)の講師としてNPO法人judo3.0代表の酒井が登壇、サミットには200名を超える人々が訪れ、未来の体育に関する関心の高さが伺われました。

2020年2月4日(火)、東京、東京ミッドタウン日比谷にて、スポーツ庁後援で開催された「スポーツ共創会議」にNPO法人judo3.0代表の酒井がゲストとして登壇、インクルーシブな柔道環境を創るためにスポーツ共創をワークショップに取り入れている旨の報告などをさせていただきました。

国際柔道交流プロジェクト

2020年に(とくに今年の夏に)来日を予定しているいくつかの少年柔道クラブの指導者とオンラインで来日に向けた協議をしました。

お知らせ

お知らせ一覧

WEBマガジン