1. HOME
  2. イベント
  3. オンライン国際
  4. なぜ「女に試合は必要ない」は時代遅れになったのか? ラスティ鹿子木の挑戦からいま私たちが学ぶこと-Jean Kanakogi

なぜ「女に試合は必要ない」は時代遅れになったのか? ラスティ鹿子木の挑戦からいま私たちが学ぶこと-Jean Kanakogi

名称

なぜ「女に試合は必要ない」は時代遅れになったのか?ラスティ鹿子木の挑戦からいま私たちが学ぶこと -Jean Kanakogi sensei

日時

日本:2021年10月3日(日)09:00 (ニューヨーク:2021年10月2日(土)20:00)

場所

ビデオ会議zoom

内容

今年10月の一大イベント「みんなでつくる柔道研修フェス」にて、「女子柔道の母」ラスティ鹿子木先生の娘さんであるジーン鹿子木氏からお話いただけることになりました。アメリカから登壇くださいます。竹熊先生が通訳をしてくださります。
1980年代、わずか40年前、「女に試合なんかさせるな」という声がたくさんあったというのは驚きです。翻って、今、男女ともに柔道に親しめる環境になっているのでしょうか?ラスティ鹿子木先生の物語を伺いながら、これからを考えていきます。

申込

準備中。「みんなでつくる柔道研修フェス(2021/10/2~10/10)」の一講座となります。

Jean Kanakogi 氏は、2020年11月28日、国際柔道連盟が開催した女子柔道の記念イベントにてお話されています。その動画はこちら。詳細はこちらをご覧ください。

| オンライン国際