松原 猛真

1982年生まれ。7歳から和歌山市にある関口新心館に入門し柔道を始める。(当道場は講道館柔道創生に影響を与えた和歌山県無形文化財伝統武術の”関口新心流”の道場) 以後レスリング、ブラジリアン柔術等、様々な格技に挑戦。
現在は、和歌山県の社会人柔道チーム “和歌山柔栄会”、総合格闘技道場”G-FREE”に所属。競技選手と指導者として活動している。2016年10月の大阪フォーラムでJudo3.0の活動に感銘を受け、参画。同団体では海外開拓班として活動中。天理大学 国際文化学部卒業、講道館柔道三段、関口新心流 目録(四段)、ブラジリアン柔術紫帯、和歌山大学柔道部コーチ。

世界中に100人の友達ができる教育を!