judo3.0とは?

About judo3.0

誰しもが柔道で幸せに

6つのテーマ×対話×プロジェクト。世界中の有志がつながり、誰しもが柔道で幸せであり続けられる環境をつくる。

NPO法人judo3.0は、柔道教育に関心がある人々が、地域や国を超えてつながり(対話)、協力しながら活動する(プロジェクト)環境をつくることで、誰しもが柔道で幸せになることを目指して活動している団体です。

対話の場をつくる

judo3.0は、以下の6つのテーマに関し、関心を同じくする人々が地域や国を超えてつながり、対話する環境を作っています。

世界とつながる柔道

インクルーシブな柔道

豊かな女子柔道

生涯柔道

少年が成長する柔道

学校の設立

具体的な対話の場づくりには、(1)年2回の全国フォーラム(フォーラムJUDO3.0)、(2)地域で開催される地域フォーラム、(3)ウエブ会議での集会、(4)facebookグループでの情報の共有などがあります。

プロジェクトをサポートする

上記の対話の結果、地域や国を超えてつながった有志がプロジェクトを立ち上げており、judo3.0はそれぞれのプロジェクトをサポートしています。

世界とつながる柔道

  • 国際柔道交流プロジェクトの実施(日本→世界、世界→日本)
  • 海外向け国際柔道交流の情報提供サイト 「judo X 3.0」の運営

インクルーシブな柔道

  • 発達が気になる子どもが輝く柔道指導法ワークショップの開催
  • 発達障害と柔道指導に関する情報提供サイトの運営

豊かな女子柔道

  • 女子柔道練習会の開催
  • 女子柔道に関する情報の収集と共有

生涯柔道

  • 地域を超えて集った仲間とマスターズ柔道大会へ参加

現在のプロジェクトはこちらを、これまでの活動の実績はこちらをご覧ください。

目指しているもの:誰しもが柔道で幸せに

judo3.0は、上記の6つのテーマについて、世界中の有志がつながって協力しながら活動する環境づくり(対話とプロジェクトのサポート)を通じて、誰しもが柔道で幸せであることを目指しています。

そのためにjudo3.0のコミュニティの中では、(1)「表現」(自分の心の奥底にある想いを表現することが尊重されること。「そんなの無理」「現実的ではない」などの言葉がないこと)、(2)「対話」(年齢や立場、性別、地位に関係なく、オープンにフラットに対話ができること)、(3)「挑戦」(まず小さくやってみる。そのことを周りから応援されること)が大切されています。

参加する

judo3.0の活動に参加する方法として以下があります。

  • イベント(リアル&オンライン)に参加する(イベントの一覧はこちら
  • judo3.0の活動に関わるメンバーが情報を共有するSNSに加入する(非公開)
  • サポーター(月1000円~)として活動を支える(サポーターの募集はこちら
  • プロジェクトメンバーとして活動を担う(プロジェクトメンバーの募集はこちら

judo3.0の活動の詳細はご説明させていただきますので、お問い合わせいただけたら幸いです(お問い合わせはこちらから)。

おすすめイベント

WEBマガジン