judo3.0な人々、第4弾は茨城県の沼田哲哉さん。judo3.0に関わるきっかけやこれから考えていることなどを伺いました!


誰でも世界中に友達100人ができる教育をJUDOから!サポーター募集!

サポーター募集ページはこちら


どこかで自分自身の柔道に対する考えを変えなければいけないと思っていた

高校で競技としての柔道から引退し、大学入学と同時に地元の茨城県古河市の出身道場(総和柔道クラブ)で自分のクラスを持つようになりました。開講一年目、会員も集まらず、どこかで自分自身の柔道に対する考えを変えなければいけないと思っていた時にたまたまFacebookで回って来たページ。それがjudo3.0との出会いでした。

その年の9月に順天堂大学でのフォーラムがあり、最初は「ちょっと怪しいんじゃないかな…?」と思いつつ参加しました。そして、そこで出会った酒井さんを始めとする先生たちの考えやノウハウを聞き、意見交換をした事によって今の自分のクラスの形が出来上がりました。そして今でもフォーラムにはほぼ全て参加しています。

judo3.0の活動では、 2017年度以降のフォーラムでの映像制作に携わらせてもらっています。主にフォーラムの告知VTRやOP、参加者インタビューのVTRなどを作っています。 もともと映像制作は得意だったので、少しでも役に立てればと思って作っています。

海外で柔道指導することを考えるようになった

今年の3月、ニュージーランドにて自身初めての海外指導を行いました。もともと立ち技よりも寝技の方が得意だったので、国内でも何度か出張指導という形で行って来ましたが、海外で指導するというのはjudo3.0との関わりがなければ確実に考えつきませんでしたし、そういったご縁にも巡り会うことは出来ませんでした。そして、NZでの経験で、これからは海外で柔道指導する事を考えるようになりました。

もしもあなたがjudo3.0の活動に参加しようか迷っているなら、一度フォーラムに参加してみるのが最良の選択だと思います。僕も半信半疑で最初のフォーラムに向かいました。そして自分の人生を変えたといっても過言ではない出会いがありました。一歩進む勇気は、きっとあなたの人生を変えてくれます。

沼田哲哉

総和柔道クラブ指導員


誰でも世界中に友達100人ができる教育をJUDOから!サポーター募集!

サポーター募集ページはこちら


世界中に100人の友達ができる教育を!