1. HOME
  2. 部活のこれから

部活のこれから

現在の状態
未登録
価格
閉じる
始める
This コース is currently closed

概要

部活のこれから(合計1時間56分)

  • 「部活動と柔道のこれからを考える -スケボーとAKB48のリスタート」(1時間19分)有山篤利氏 (追手門学院大学社会学部教授)
  • 「柔道の部活動ってこれでいいの!?」(37分)藤野信行氏(横浜市立中学校 柔道部顧問)

趣旨

国内の柔道人口は減少し続けていますが、中でも、中学生と高校生が大きく減り続けています。中学校・高校の柔道部がどんどん消えていくなか、これからの部活をどのように考えたらいいのでしょうか?

この問題は柔道だけにとどまらず、部活そのものの課題と密接に関係しており、教育の働き方改革、そして、文部科学省が休日の部活動が地域に移行する方針が出したように、地域のスポーツクラブのあり方とも関係しており、このように複雑に絡み合った問題をどのように理解して、どのようにしてこれから向かうべき方向を見出したらいいのか、難しい状況にあると思います。

そこで、この課題にクリアな見取り図を提示し、各所で講演され、多くの柔道指導者に衝撃を与えている、教育・スポーツ文化・武道の研究者である有山先生をお招きして、お話をお伺いします。

また、実際の現場はどうしたらいいのでしょうか?これからの部活やこれからの学校、これからの地域での柔道の見取り図を得たとしても、いま目の前にいる生徒にすぐに役立つとは限りません。そこで、横浜の中学校の現場で、新しい時代に即した柔道部づくりに取り組んでいる藤野信行先生をお招きして、お話をお伺いします。

関連記事

おススメの書籍

人気記事

最近の記事