1. HOME
  2. 特集
  3. 「おうちで冒険!スクールjudo3.0」土曜クラス(グローバル)を開講。

PROJECT

未来の発明

「おうちで冒険!スクールjudo3.0」土曜クラス(グローバル)を開講。

– 海外に関心がある。英語も使ってみたい。
– 海外で柔道をしている人々と話してみたい。
– 将来、何か人の役に立つことをしたい。

そんな小学生、中学生、高校生、大学生のみなさん
「おうちで冒険!スクールjudo3.0」の土曜クラスで、自分がやりたいと思うワクワクすることをカタチにしてみませんか?

「土曜クラス」に込めた想い

嘉納治五郎先生は数多くの言葉を残されましたが、いま最も必要とされていると思う言葉が以下です。

自己完成は他の完成を助くることによって成就す

40年近くの探究の末、ついに社会の根本原理を発見、それがいわゆる「精力善用・自他共栄」ですが、その思想を広げていく組織が「講道館文化会」であり、上記はその綱領の一部です。

綱領
一、精力の最善清岡は自己完成の要訣なり
二、自己完成は他の完成を助くることによって成就す
三、自他完成は人類共栄の基なり

他人のために何か役に立つことをする、この経験が人の成長を促します。いま社会が大きく変わり、2020年にはアクティブラーニングの導入など戦後最大といわれる教育改革が行われます。その背後にあるのは、社会から必要とされる人材像の変化ですが、その変化は、言われたことを正確に実行する、与えられた問いについての正解を探す、という力よりも、自分で考え、課題を発見して、自分で行動して、課題を解決する、という力がより求められるようになった点にあります。それでは、自分で考え、自分で行動する力、課題を発見して、課題を解決する力を育むにはどうしたらいいでしょうか。

それは「他人のために何か役に立つことをする」ことであり、その前提として、様々な「体験」をして広い視野を持つことだと考えます。

道場の中で一生懸命に稽古をする、昔の社会、「言われたことを正確に実行する」ことがそのまま「他人のために何か役に立つこと」だった時代はそれで十分だったかもしれません。しかし、「自分で考え、課題を発見して、自分で行動して、課題を解決する」ことをしなければ、「他人のために何か役に立つこと」ができなくなった時代では、何か新しい教育の手法が求められているのではないでしょうか。

土曜クラスは、先生が生徒に何かを教えるクラスではありません。一人一人の生徒が、自分がワクワクして、他人にも役に立ちそうなプロジェクトを立案して、それを実行してみるクラスです。

そのためにできることは、「何かをやってみたい」という生徒の想いをカタチにするサポートをすること、そして、柔道という世界中に共通の哲学を有する人々がいることを活かして、生徒に対して、オンラインで様々な人々と接する機会(体験)を提供することです。

世界の人々と協力しながら、何かを実行した、という経験は、大きな宝になると思います。

対象

小学生5,6年生、中学生、高校生、大学生のうち、海外と柔道に関心があり、何かをやってみたい、という想いがある方
10名

第1期生の募集について
ここからのスタートなので、定まっていないこともあり、第1期生とプロジェクトメンバーが一緒になって道を切り開いていくことになります。したがって、第1期生は参加者であるとともに一緒に土曜クラスを作り上げていく仲間でもあります。そのような気持ちをもってご参加いただけたら本当にありがたいです。

内容

プロジェクト学習。何かプロジェクトを立案して、実行いただきます。
海外の指導者や生徒と交流する機会があります。

スケジュール

6月20日(土)16:00~説明会
6月27日(土)16:00~説明会

全5回
7月4日(土)16:00~18:00
7月18日(土)16:00~18:00
7月25日(土)16:00~18:00
8月1日(土)16:00~18:00
8月22日(土)16:00~18:00

おうちで冒険!スクールjudo3.0とは?

NPO法人judo3.0が運営するオンライン上の教室です。ビデオ会議システムzoomを使って、子供、大人、みんなが集まって、運動をしたり、おしゃべりをしたり、学んだりしたりします。コンセプトは「冒険」です。未来の世界に踏み出して、新しい仲間と出会い、困難を乗り越え、一回りも二回りも大きくなって帰還する、そんな機会を、日本及び世界各地の有志の柔道家がオンライン上で協力して作っていきます。

おうちで冒険!スクールjudo3.0をはじめる理由

大人も子供も、私たちは、身体を動かして、多様な他者と関わることで成長していきます。新型コロナウイルスが現れ、感染防止のため自粛をしたり、社会的な距離を取るようになったとき、私たちが心配したことは、子供たちの運動不足と他人との関わりの不足でした。緊急事態宣言は解除されましたが、感染防止対策は引き続き必要であり、オンラインを活用して、子供たちの運動不足や他人との関わり不足を少しでも解消していく必要があると思います。

他方、オンラインでしかできないこともあります。自宅などの安全な場所から参加できること、そして、距離の制限を超えて、日本や世界各地の人々に話すことができることなどです。私たちは2020年3月6日から「オンラインの柔道の世界を豊かに」をテーマに様々なオンライン上の取り組みを行ってきましたが、子供たちが、リアルの世界では出会うことが難しい多様な人々に接して、刺激を受け、成長していく様子をたくさん見てきました。

以上の経緯から、子供たちの運動不足と関わり不足を解消し、かつ、オンラインが可能とする新しい教育をカタチにするため「おうちで冒険!スクールjudo3.0」をはじめることにしました。

お申込み・お問い合わせ

こちらのフォームよりお申込みください。
お問い合わせは事務局(info@judo3.org)までご連絡ください。