1. HOME
  2. イベント
  3. 3.0オンラインカフェ
  4. なぜ柔道の稽古をすると世を補益できるようになるのか?嘉納治五郎の「道」を考える

なぜ柔道の稽古をすると世を補益できるようになるのか?嘉納治五郎の「道」を考える

名称

なぜ柔道の稽古をすると世を補益できるようになるのか?嘉納治五郎の「道」を考える-3.0オンラインカフェ

日時

2021年3月31日(水) 20:30〜22:00

場所

ビデオ会議zoom

ゲスト

有山篤利氏(追手門学院大学教授)

内容

柔道修行の究極の目的は、柔道の稽古で己を完成させて、世を補益することであると言います。嘉納先生は、柔道の「術」の稽古を通じて「道」を体得して、その「道」を生活全般に応用することができるから、柔道をすると、柔道が強くなるだけでなく、仕事や生活全般でよりよくなる、とお話しされています。それでは、なぜ、畳の上で強くなることが、畳の外でも役立つようになるのでしょうか。どのようなメカニズムでそうなるのでしょうか?武道学者である有山先生(追手門学院大学教授)をお招きして、「 嘉納治五郎先生が考えていた「道」とは何か?」「 稽古で「精力善用・自他共栄」を体得して「社会」でそのコンセプトを応用する、とは具体的にどういうことなのか?」などについてお話いただきます。

料金

無料

参加

どなたでも。お申し込みフォーム https://forms.gle/1GzC7o6WjWhWfjnb7

趣旨

3.0オンラインカフェの詳細 https://judo3.org/blog/special/since20200306onlinecafe/

| 3.0オンラインカフェ