1. HOME
  2. トビタテという画期的な国の留学支援

トビタテという画期的な国の留学支援

昨日の午前は、

「海外の柔道クラブに短期で留学したい」
「日本と世界をつなげる柔道の先生になりたい」

という大学生との打ち合わせ。

「トビタテ留学JAPAN」という画期的な官民一体の留学支援があり、半年ごとに募集しています。今回の回は来月下旬が締切なのでもう間近。

トビタテは画期的な制度です。

これまで、奨学金による支援の対象になったものは、主に、大学や大学院への留学でした。

しかし「トビタテ留学JAPAN」は、インターンシップや実務体験をも支援することに。

例えば、

「海外のレストランでシュフとして修行したい」

という希望にも奨学金が支給されるようになったのです。

ポイントは、インターンシップ先がOKであること。

「大学に留学したい」だったら、相談窓口がたくさんあって、いろいろラインナップがありましたが、

「レストランでシュフ修行したい」となったら、相談先もなかなかなく、どこが受け入れ可能なのかも分からず、ラインナップもない。自分でなんとかしなければならないのですが、とはいっても。。

ということで、

海外で短期柔道クラブ留学について、judo3.0は、来年から、本格的に、高校生、大学生の短期留学相談、トビタテ相談を始めようと考えてます。

その後、午後は、judo3.0のウエブサイトの更新作業。
サイトをリニューアル中で、こまごまとした作業をしています。

新しい公教育を創造する
酒井

関連記事

世界中に100人の友達ができる教育を!

柔道の魅力をムービーで!