写真はポーランドから和歌山にくるUKS柔道クラクフの生徒のみなさま

前回の投稿「アニメ聖地巡礼」から柔道交流のヒントが!?から二週間強が経過しました。judo3.0の酒井です。

つい2か月前に西日本を巡っていたので、今回の西日本の豪雨の被害に心おちかない日々をすごしていました。一日も早い復興をお祈りいたしております。

先日、国内外の柔道交流ができる道場、イベント、ニュースなどの情報をまとめたポータルサイト「柔道コミュニティNavi」(仮称)をリリースしました。

サブドメインとかwordpressなどのシステムの設定をし、運用の設計(「アニメ聖地巡礼」などから得た学びも役立ちました)し、その後、関係者に少しづつご連絡させていただきながら、まだ途中ですが、現時点で、国内50近くの道場が掲載されています。

世界のどこに柔道交流ができる道場があるのか、どんな道場なのか、どんなイベントに参加できるのか、その地域では何があったのか、どんな取り組みが行われているのか、そのような情報が集まると地域の魅力が「見える」ようになります。そうすると、「その地域にいって柔道してみたい」という憧れが生まれる。

これは柔道交流の促進であると同時に、柔道クラブを通じた地域活性化、まちおこしにつながる取り組みとなります(柔道ツーリズム)。張り切っていきたいと思います。

ポーランド19名の柔道少年らが和歌山へ

明日から、ポーランド 第二の都市クラクフ市の「UKS柔道クラクフ」柔道クラブの生徒ら15名(13歳~19歳)と指導者4名、合計19名が和歌山にいらっしゃいます。(詳細は、日高新報のニュース「由良で柔道通じ国際交流プロジェクト」をごらんください)

由良町柔道スポーツ少年団の楠山 光一先生や指導者の皆様、保護者の皆様が受け入れにご協力くださり、また、7月24日(火)は和歌山大学柔道部さまの道場をお借りして合同稽古を開催いたします。

7月17日 関西空港に到着、由良町へ
7月18日 稽古
7月19日 日本の中学校を訪問、稽古
7月20日 福祉施設見学、稽古
7月21~22日:合同稽古&交流(由良武道館)
7月23日 送別会
7月24日 和歌山大学で合同稽古
7月25日 観光
7月26日 柔道大会の見学
7月27日 フリー
7月28日 東京へ
7月29日~8月2日 東京・帰国

ポーランドの柔道少年と柔道交流をご希望される皆様、そして、将来、ポーランドの柔道クラブへ行ってみたい、とお考えのみなさま、ポーランド柔道チームと柔道交流をしてみませんか?7月24日(火)、和歌山市の和歌山大学柔道部の道場にて合同稽古及び交流会を行いますので、ぜひご連絡くださいませ。

日時:7月24日(火)14:30~18:30
場所:和歌山市の和歌山大学柔道部道場
内容:合同稽古&柔道交流
費用:無料

「柔道を始めたら私の世界が変わった」

一昨日、柔道教育の未来を切り開くウエブメディア「3.0マガジン」の新しい記事、「ある大人の女性のマスターズへの挑戦。柔道を始めたら私の世界が変わった。」がリリースされました。この記事では、大人になって柔道を始めた女性が、

「自分らしく、活き活き過ごせる場所があちこちにできたのです。支えてくれる友達が世界中にいるって、すごく幸せなことだと思いませんか!」

という感想をお話くださっています(詳細はぜひ記事をご一読ください)。本当に素敵です。

柔道には「支えてくれる友達が世界中にいる」という環境を作ることができます。なのに、いま、その力は発揮されておらず、いま柔道している子どもたちのほとんどは世界中に友達はいません。

本当に残念です。。

でも、今回、和歌山・由良の子ども達に「ポーランドに友達がいる環境」をつくることができそうです。新しい公教育にむけて進んで行きたいと思います。

新しい公教育をともにつくるjudo3.0サポーターを募集しています。現在69名。詳細はこちらを。

世界中に100人の友達ができる教育を!